桐生のパパ・おーやんの“新”イクメン論 Vol.44「言葉と行動のバランス」

コラム12「言葉と行動のバランスが大切⁉」

子どもに丁寧に言葉をかけても、伝わらないことがあります。

 

そんな時、思い切って言葉かけを止めます。伝わらない時は、言葉が先行してしまって行動が伴っていかったという反省があったからです。例えば、子どもに「片づけて」と何度も言うより、大人が率先して片づけはじめると自然に手伝いにくるというようなことがあります。言葉は、人を勇気づけたり傷つけたりする力がある一方、無力な時もあるのです。

 

大切なことは、言葉と行動のバランスだと思います。分かっていてもついつい言葉をかけすぎたり、逆に動きすぎたりしてしまうこともありますが…。これからも伝わっていないなと感じたら、言葉先行型になっていないかなと、ふと立ち止まって考えていきたいです。
(ライター:おーやん)

 

太田徹

桐生市在住、3児のパパ、社会福祉士。障害児施設に勤務しているほか、桐生イクメンプロジェクトなどにも積極的に携わる。自身の経験から、「地域×パパ×子ども」の関わり方について模索し、現在は「ぱぱのBAきりゅう」にも参加中。趣味は一五一会とダイエット!