桐生パパ・おーやんの”新”イクメン論 Vol.57「我が家の最多事故」

うちで起こる最多のハプニングで、とても悲しい気持ちになる事故があります。それは、「テーブルから牛乳の入ったコップが落ちる事故」です。

我が家の最多事故

事故の原因はさまざまです。子どもはまだ注意を払いきれないので、持とうとしたコップを落としたり、テーブルにあったコップを肘で倒したり、兄弟で遊んでいてこぼしたり……。コップに入っている物が水であればまだよいのですが、牛乳がこぼれると絨毯やこたつ布団に匂いがついてしまいます。冬でも洗わなくてはならず、本当に悲しくなります。

 

子どもには、こぼした後すぐに注意したり、自分で拭いて掃除させたりしますがなかなか事故は減りません。しかし、事故が重なる度に大人は敏感になっていくものです。ヒヤッとしたら子どもに注意、コップをテーブルの端に置かないようにしたり、注ぐ牛乳の量を少なくしたり、牛乳が残っているコップはすぐ片づけるなど、再発防止の検討を重ね、リスクマネージメントに努めます。現在、そのおかげで牛乳がこぼれる事故は防げていますが、安心して油断しないようにしていきたいです。
(ライター:おーやん)

 

太田徹

桐生市在住、3児のパパ、社会福祉士。障害児施設に勤務しているほか、桐生イクメンプロジェクトなどにも積極的に携わる。自身の経験から、「地域×パパ×子ども」の関わり方について模索し、現在は「ぱぱのBAきりゅう」にも参加中。趣味は一五一会とダイエット!