桐生のパパ・おーやん”新”イクメン論「とにかく料理する」

おにぎり

時間があれば、なるべく料理に挑戦しています。それは、子どもの好き嫌いを克服するのにはまず私の料理の見た目や味に慣れてもらうことが大切だと感じているからです。

 

最初は(今でもありますが)私が作ったというだけで見た目の悪さや「どうせまずいんでしょ?」という先入観から見ただけで拒否されたこともありましたが、めげずに作り続けていることで少しずつ食べてくれるようになりました。今では「おにぎりつくって」「スープつくって」と子どもからリクエストしてくれることも増えました。

 

「継続は力なり」を信じてこれからも料理に挑戦しますが、料理の技術を高めたり、レパトリーを増やす努力も同時に続けていきたいです。

 

(ライター:おーやん)

 

桐生市在住、3児のパパ、社会福祉士。障害児施設に勤務しているほか、桐生イクメンプロジェクトなどにも積極的に携わる。自身の経験から、「地域×パパ×子ども」の関わり方について模索し、現在は「ぱぱのBAきりゅう」にも参加中。趣味は一五一会とダイエット!