桐生のパパ・おーやんの”新”イクメン論「筋トレで心も体も前向きに」

238ca03385a1a962a28423f822f5ebea_s

 

ダイエットが趣味で本を読んだり、軽い運動をする中で、それまで筋肉というとボディビルをイメージしてしまい自分とは関係がないように感じていましたが、筋肉が体を維持するのに非常に大切さであることを学びました。

それからはちょっとした時間があれば、スクワットしたり、ダンベルを振っています。筋肉トレをして筋肉がついてくると自分の体を見た時、シャープに見え、嬉しくなります。意識しているだけかもしれませんが、体の動きも軽くなったように感じます。年齢は40代に入り、体の衰えも感じますが、軽い筋トレを続けて少しでも気持ちを前向きにしたり、動ける体を維持して元気な子どもたちと過ごしていきたいです。

 

(ライター:おーやん)

 

桐生市在住、3児のパパ、社会福祉士。障害児施設に勤務しているほか、桐生イクメンプロジェクトなどにも積極的に携わる。自身の経験から、「地域×パパ×子ども」の関わり方について模索し、現在は「ぱぱのBAきりゅう」にも参加中。趣味は一五一会とダイエット!